人間関係とフリーエンジニアの転職

フリーエンジニアが成功の道を進んでいくためにはよい人間関係を業界の中で作り上げていくことが重要であり、人脈作りに関する高い意識が重要になります。その理由として、クライアントの候補となる企業の人と強いコネクションを持つことによって仕事の依頼を受けやすくしたり、契約をする際の交渉を有利にしたりといったプラス効果を期待することができるからです。

しかし、よい人間関係の樹立というのはなかなか難しいものであり、ビジネス上の付き合いということもあって互いの利益を最大化していくことにはしばしば困難を伴います。どちらかが利益を優先することによってトラブルが生じることも多く、それが大きなものになると業界に知れ渡ってしまってフリーエンジニアとして仕事を続けるのが難しくなってしまう可能性も大いになるのです。

そういう自体に陥ってしまった場合には転職を余儀なくされますが、トラブルに伴う転職の場合には同じ業界内で仕事を探すのは困難です。非常に優秀な人材であればトラブルの有無を気にせず採用する企業もないわけではありません。ベンチャー企業のようにその場での実力重視で採用する傾向の強い企業からの募集に目をつけて応募するのが転職の道の一つです。

一方、エンジニアとしての能力ではなく、営業力を生かして一般企業への転職を図るという方法もあります。そういった分野の切り替えによって過去の経歴にとらわれずに仕事先を探すことも可能なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です